トップページ静岡市山岳連盟紹介登山情報クライミングスクールハイキングスクールみどりの道ニュース海外委員会

2017.10.7
「ふれあいスポーツDAY」クライミング教室を行いました。
主催 公益財団法人 静岡市スポーツ振興課 10月7日 土曜日 静岡市葵区 北部体育館 ノースフォールで開催しました
参加者  延べ人数 63名  子供50名 大人13名 1名の子供が何回チャレンジをしたかは不明です。 予想通りの人気とのことです。

 
                         受付風景 
 
                             説明を聞いて

 
                         最高です
 
                         トップ到着
 
                       頑張っています
 
                        仲良く登っています



2017.9.13
アルパインクライミングスクール卒業実技講習会実施
2017アルパインクライミングスクール卒業実技講習 を9月9日(土)、10日(日)2日をかけ小川山、廻り目平キャンプ場でキャンプ及びクライミングをし
終了しました。
講習生7名、指導者6名、サポーターと新サポーター12名の計25名。
マルチピッチのガマルート5ピッチを登り、その後初めてのリードクライミングに挑戦。
修了式の終了後キャンプをし、今後のクライミングについて多いに語り合いました。

 
 
   
 
 
   
 
 
   


 


アルパインクライミングスクール第5回実技講習会実施
2017アルパインクライミングスクール 第5回実技講習 が8月20日(日)に 山梨県三ツ峠の岩場で開催されました。
講習生9名、指導者5名、サポーターと新サポーター9名の計23名。
当日はゲレンデは空いていて、当スクールの貸し切り状態で、快適なクライミングになりました。
 三ツ峠の屏風岩は、古くから知られているアルパインクライミングのゲレンデです。
この日は、各パーティとも好きなルートから上部岩壁へと登って行きました。
最後は天狗の踊り場で合流し、皆で「大根おろし」を登って終了しました。
講習生は全員「大根おろし」を完登し、今年の講習生のレベルの高さに驚きました。新サポーターも確実にレベルアップしていました。


   
 
 
     
     
     
     
     
     
     
           

  



アルパインクライミングスクール第4回実技講習会実施
2017アルパインクライミングスクール 第4回実技講習 が7月1日(土)、2日(日)2日に別け 伊豆の国市城山難壁の岩場で開催されました。
講習生9名、指導者7名、サポーターと新サポーター15名の計31名。
「マルチピッチの実践」、前回までの基本の復習・落石に対する注意を払いながら、南壁から西南カンテルート5ピッチの高度感抜群のマルチピッチクライミングを
セカンド(フォロー)で登ります。連続懸垂下降を含む3回の懸垂下降で取り付き点に戻り、セカンドでのマルチピッチクライミングを理解し確実に習得します。

    
    
 
 
    
    
   
 


 


 

アルパインクライミングスクール第3回実技講習会実施
2017アルパインクライミングスクール 第3回実技講習 が6月4日(日)に 山梨県西湖の近く十二ヶ岳の岩場で開催されました。
講習生7名、指導者5名、サポーターと新サポーター11名の計23名。
岩場に着いた時の注意事項、安全の点検と確保及び確認、スラブの岩場でのフリクションを利かせたクライミング、終了点でのセルフビレイ、懸垂下降の練習、
基本的なセカンドでのクライミング練習、終了点に到着して次のピッチに登る間のロープワーク、ギアの受け渡し、リードクライミングのビレイ等々、
マルチピッチクライミングシステムの基本練習をします。

 
 
    
 
    
    
 
 


 


アルパインクライミングスクール第2回実技講習会実施
2017アルパインクライミングスクール 第2回実技講習 が5月14日(日)に 新所原立岩で開催されました。
講習生8名、指導者4名、サポーターと新サポーター10名の計22名。
 硬いチャートの岩場の立岩で、初の岩場でのクライミング、ビレイ、岩場でのマナー、安全確認、コールの仕方、懸垂下降の基礎を学びました。


  
     
  
     
     
  
  
 

 

 

2017.8.26

こどもクライミングスクールW 実施
 北部体育館こどもクライミングスクールが8月26日土曜日、午前中 午後は親子クライミングスクールを実施しました。。

午前こどもクライミング 参加者14名  女子 7名 男子 7名  
午後親子クライミング  参加者10名  子供 5名 男子 2名  女子 3名  
              大人   6名  男性 4名 女性 1名

  
                      バランス良く登っています。 
  
                     トップに届きました。
  
                         ハングに挑戦 
  
                       やったーピース。
  
                     僕上まで登りました。
  
                     たのしいでーす。


2017.8.19

こどもクライミングスクールV 実施
 北部体育館こどもクライミングスクールが8月19日土曜日、午前中 午後は親子クライミングスクールを実施しました。。

午前の部15名 女子 7名 男子 8名  
午後の部12名 子供 6名 男子 2名  女子 4名  
           大人 6名 男性 4名  女性 2名


 
                        開会の挨拶 
 
                        開始前の注意事項

 

   
             トップに上れました
    
             降りる時楽しーい
    
            子供達快適に上っています
    
               私にピース
    
                 私真剣です
    
            私途中だけどピース
   
   
            足元を探しているの
    
             僕トップ登りました
    
            ハング越したかった    
    
    お父さん達思いからだを押し上げています   
    
             お母さん頑張りました 
 


2017.8.05

こどもクライミングスクールU 実施
 北部体育館こどもクライミングスクールが8月5日土曜日、午前、午後と2部開催されました。

午前の部14名 女子 5名 男子 9名  午後の部15名 女子 6名 男子 9名  学年別 1年生5名 2年生8名 3年生3名 4年生8名 5年生1名 6年生3名

  
             ハングに取り付く
      
                頑張っています
     .
             私降ります
     
                       上に登ります
         
              僕真剣です
 

                             
2017.7.31

こどもクライミングスクール実施
 北部体育館こどもクライミングスクールが7月29日土曜日、午前、午後と2部開催されました。

午前の部14名 女子 5名 男子 9名  午後の部14名 女子 6名 男子 8名  学年別 1年生4名 2年生8名 3年生5名 4年生8名 5年生1名 6年生3名

  
                    開始前の注意事項
  
                        クライミングスタート
  
               ハングに取り付き頑張ってます  
 
                        トップに到着
  
                   頑張って登っています       
  
                     最高でピース

2017.4.28
クライミングスクール第1回実技講習会実施


 今年も市岳連アルパインクライミングスクールが始まりました。第1回の実技講習会は、静岡市葵区の北部体育館で、4月16日に開かれました。参加者は講習生8名と指導者5名、サポーター6名、新サポーター1名の計20名です。1回目なので、クライミングギアの使い方や基本的なロープワークをまずしっかりと身につけてもらいました。
 その後、北部体育館の人工壁(ノースウォール)でトップロープをセットしてのクライミングとビレイ方法を体験しました。更に、懸垂下降のマスターです。終了点についての自己確保、懸垂用ロープと器具のセット、安全確認のための声かけなど、懸垂下降のシステム全体を繰り返し繰り返し練習しました。
 みなさん、新しい体験に、とてもいい顔をしていました。今年の講習生もきっとすばらしいクライマーに育っていってくれると思います。





2017.3.17
クライミングスクールリーダー講習会実施ー立岩ー


 静岡市山岳連盟主催のアルパインクライミングスクールリーダー講習会が、3月12日、愛知県新所原の立岩で開催されました。この講習会は、来年度のスクールを担当する指導者達の技術研修を目的としたもので、この時期に毎年行っています。当日は、指導者6名、シニアサポーター6名、新サポーター6名の計18名が参加しました。
 リードクライミングにおけるスタカット方式や懸垂下降の手順などを再確認しましたが、今回は特に、アンカー構築における問題点の検証を重点的に行いました。
 4月からは、また新しい講習生を迎えてスクールが始まります。みなさん、お楽しみに。



2017.3.10
静岡市北部体育館「ノースウォール」優先使用についてーご協力のお願いー


  標題の人工壁「ノースウォール」については、クライマーの皆様には愛用されている方々も多いと思いますが、この壁の利用について、静岡市山岳連盟からのお願いです。
  静岡市岳連では、例年「アルパインクライミングスクール」を企画、運営しております。これは、一般公募の研修生を対象に、アルパインクライミングを基礎から体系的に教えていくスクールで、研修生は春から秋にかけて、伊豆の城山、長野県の小川山などで、ロッククライミングの実践を重ねております。また、これらの研修生は、スクール卒業後、市岳連加盟の各山岳会に所属して活動していきますが、山岳遭難事故発生時には、警察や消防の求めに応じて、救助活動にも参加いたします。
そうした意味もあって、研修生は、日常的にも、この「ノースウォール」で、日々技術の研鑽に励んでいますが、「ノースウォール」は充分な規模を持つ施設ではないため、一般利用者との共用が難しいという実情がありました。
  つきましては、このたび関係各局にお願いし、下記の曜日、時間帯について、この「ノースウォール」を上記クライミングスクールの関係者に優先使用させていただくよう許可をいただけることになりました。一般利用者の方々には大変ご不便をおかけすることになりますが、本スクールの公共性に鑑みて、ご理解、ご協力をいただけるようお願い申し上げます。

  優先使用の日程等  原則として毎週月曜日と火曜日
  優先使用の時間帯 19:00〜20:45

ページのトップに戻る

2016.9.8
アルパインクライミングスクール卒業クライミング実施


 9月3,4日の二日間、小川山廻り目平のキャンプ場をベースにして、標記のクライミング山行が実施されました。これは、4月から続けてきたスクールの卒業山行に当たるもので、講習生9名、指導者5名、新旧のサポーター10名の計24名、それに市岳連松永会長が参加いたしました。
 卒業ルートは、例年、ガマスラブから上に延びる5ピッチのガマルートです。当日は、7パーティに分かれて、全員がカマルートを登り切り、反対側の垂壁を50mの懸垂下降で下りました。 
 その後、修了式が行われ、松永会長から一人一人に修了証が手渡されました。
 夜は、キャンプが大いに盛り上がり、若いクライマー達が、将来への夢を語り合っていました。




2016.8.30
アルパインクライミングスクール第5回実技講習会実施


 8月21日(日)、標記講習会が、山梨県三ツ峠の岩場で開催され、講習生6名、指導者5名、新サポーター10名の計21名が参加しました。当日は天候もよく、快適なクライミングになりました。
 三ツ峠の屏風岩は、古くから知られているアルパインクライミングのゲレンデです。この日は、講習生一人に指導者とサポーター二人がついて、各パーティとも好きなルートから上部岩壁へと登って行きました。最後は天狗の踊り場で合流し、皆で「大根おろし」を登って終了しました。
 講習生は全員「大根おろし」を完登し、今年の講習生のレベルの高さに驚きました。新サポーターも確実にレベルアップしていました。
 次は9月3,4日、小川山で卒業クライミングです。




2016.7.11
アルパインクライミングスクール第4回実技講習会実施


 7月2日(土)、3日(日)の両日、標記講習会が、伊豆大仁の城山南壁で実施されました。土曜日の参加者は、講習生3名、指導者1名、サポーター4名の計8名、日曜日は講習生8名、指導者3名、サポーターと新サポーター12名の計23名でした。 
 土曜日は雨上がりで蒸し暑く、各ピッチで大休止を取りながら合計5ピッチ、手順を再確認しながら登りました。
 日曜日は、力強いサポーターがトップで登り、南壁スラブから西南カンテ1ピッチを経てトラバース、そのあと、正面壁2ピッチの計5ピッチの岩登りをしました。
 終了点から50m2回の空中懸垂を交える下降後、南壁スラブ25mを下降、計3回の懸垂下降で取り付き点に戻りました。
 今年の講習生はレベルが高く、これまでの講習の成果も出て、各ピッチを問題なくこなしていました。



2016.3.16
アルパインクライミングスクールリーダー研修会実施


 3月13日、新所原の立岩で、標記研修会が実施されました。この研修会は、来年度のスクールを担当する指導者達の技術研修を目的としたもので、指導者7名、シニアサポーター9名、新サポーター9名の計25名が参加しました。 当日は、スクールにおける安全管理、サポーター間での技術指導などのすりあわせを中心に、約7時間みっちり研修しました。
 新サポーターは平均年齢がかなり高めな2015年度の講習生達です。教える立場になるということで、来年度の講習生の平均年齢が低いことから、いい意味でのプレッシャーを浴びて熱心に研修を受けていました。また、指導者には、新たに頼もしい3名がシニアサポーターから加わりました。皆、このスクールの卒業生で、クライミング経験豊富な人材が大勢育って来ています。
 来年度の講習生達はどんなクライミングを目指すのでしょうか。受け入れ態勢を整えてお待ちしております。



2016.3.10
クライミングスクール受講生募集終了のお知らせ


 28年度の静岡市山岳連盟アルパインクライミングスクールについては、このたび所定の人数に達したため、募集を終了致しました。受け入れ人数は、男性9名、女性4名の計13名で、年代は26歳から48歳まででした。地域別に見ると、静岡市が中心ですが、伊豆から2名、県西部地域からも3名の参加があり、こうした企画を待ち望んでいる方々が各地に潜在していることが感じられます。
 クライミングスクールの性格上、安全を考えると人数的にあまり多くはできません。今回、応募に応えられなかった方々、誠に申し訳ありませんでした。また、来年の募集をお待ちください。


2016.2.14
クライミングスクール28年度受講生募集


 静岡市山岳連盟主催28年度アルパインクライミングスクール受講生募集のお知らせです。このスクールは、アルパインクライミングの未経験者を入門から自立に向けて継続的に指導していくもので、毎年多くの受講生が、アルパインクライマーとして巣立っています。
 アルパインクライミングは少なからず危険を伴うものですから、興味があっても、二の足を踏んでいる方が多いのではないではしょうか。本講座は4月から10月にかけて、座学から始まり、城山、三ツ峠、小川山などで実技講座を体系的に行っていきます。募集人数は10〜15名程度で、この後、3月にかけて応募を受け付けていきますが、関心のある方は、早めにお問い合わせください。
 初めての方は、本記事の前に、昨年度の講座が紹介されていますので、ご参照ください。なお、今年度の具体的要項については、別紙募集要項申込用紙をご覧ください。

ページのトップに戻る

2015.10.13
クライミングスクール「小川山ウェルカムクライミング&キャンプ」実施


 10月3日(土)〜4日(日)、標記の催しが、小川山廻り目平で開かれました。参加者は、スクール関係者23名と来年度の受講希望者など、計30 名が集まりました。
 スクールの卒業生は、2Pのマルチルートでリードクライミングの体験と、各種技術の確認、今回が初めてのお客様には、易しい岩場でのクライミング体験を行ってもらいました。
 夜は、前回同様、キャンプの灯を囲んで、楽しい語らいが長く続きました。
 本岳連主催のクライミングスクールは、卒業後、市岳連加盟のいずれかの山岳会に入会してもらうことになっています。卒業生のみなさんは、どの山岳会が自分にふさわしいか、それぞれ検討している所です。どの会に入ったとしても、それぞれの山岳会で若い力を発揮してくれるものと期待しています。



2015.9.9
クライミングスクール卒業山行実施


 9月5,6の二日間、小川山の廻り目平において、静岡市山岳連盟アルパインクライミングスクールの卒業クライミング山行が実施されました。参加者は、講習生6名、指導者9名、サポーター8名の23名で、加えて、市岳連松永義夫会長も参加致しました。
 5日は7パーティに分かれて、それぞれが卒業ルートの「」ガマルート」に挑みました。これまでの講習会と同様、講習生一人ずつに指導者とサポーターがつきそう形で、万全の安全態勢を取りながらのクライミングです。5ピッチのクライミングと50mの懸垂下降を講習生全員が行いました。
 そのあとは修了式が行われ、松永会長から一人一人に修了証が手渡されました。夜は楽しいキャンプで大いに盛り上がり、みなさん、今後のクライミングに向けての夢を語り合いました。
 翌日はリードクライミングの講習を行いました。安全のため、まだトップロープをつけてのリードクライミング練習でしたが、どなたもクライマーとしてたくましく成長した姿を見せてくれました。




2015.8.29
クライミングスクール第5回実技講習会実施


 標記の講習会が、8月23日、三ツ峠の岩場で開かれました。参加者は、講習生8名、指導者5名、サポーター10名の計23名でした。
 当日は小雨のぱらつくあいにくの天候でしたが、本番を想定すれば当然あり得ることということで、安全確認をより一層考えながら実施しました。
 各パーティ、講習生一人に指導者サポーターなどが2名ずつ付き、確実な安全体制をつくってのクライミングです。特に、1ピッチ目は、雨でべっとり濡れている岩場を登りましたので、リーダーは、グレードの上がったピッチを慎重にリードしていきました。3 ピッチ目以降は雨も上がり、岩場も乾いてきましたが、安全を期して、難しいルートは避けて登りました。
 最後は終了点直下の、有名な「ダイコンオロシ」を全員が登り切りました。条件の悪い中でのクライミングを経験した貴重な講習会となりました。
 次回は、小川山での卒業クライミングです。




2015.7.18
クライミングスクール第4回実技講習実施


 標記の講習会が、7月11日(土)、12日(日)の2日間、伊豆「城山」の岩場で開かれました。前回の講習で、マルチピッチの基礎練習を行ったので、今回はその復習をしながら、5ピッチの本格的なマルチピッチクライミングを行いました。
 前日までの雨のため、岩場は一部に水が流れる悪条件で、難度の高い岩登りとなりました。トップはザイルのテンションを強く張り、セカンドの講習生の不安を少なくしようと気を遣いながら登りました。
 城山は規模も大きく、高度感もすごいので、講習生にとっては緊張の1日でしたが、岩場の上部は狩野川の眺めがすばらしく、心地よい風も吹いていて、爽快な気分となりました。
 終了点からは、50m3Pの懸垂で取り付き点に戻りました。




2015.6.13
クライミングスクール第3回実技講習実施


 標記講習会が、6月7日(日)十二ヶ岳の岩場で行われました。十二ヶ岳の岩場は、富士五湖の日突、西湖の北岸にあり、当日は、講習生9名、サポーター13名、指導者6名の28名が参加しました。
 ここはスラブ系の岩場なので、フリクションを利かせたバランスクライミングが中心となります。基本的なセカンドクライミングとマルチピッチシステムの練習、終了点でのセルフビレイ、懸垂下降の確実なセットなどを繰り返し学びました。
 28人も集まったので、静かな十二ヶ岳の岩場がとたんににぎやかになりました。新サポーターのみなさんも頑張っていて、クライミングに余裕が出てきました。



2015.6.11
静岡東高校登山部へのクライミング指導 2回


 5月11日付けでお知らせした高校生へのクライミング指導の2回目です。6月8日(月)16:30〜19:00まで、静岡市北部体育館の「ノースウォール」で行われました。今回は、登山部員が男女各2名ずつと顧問の先生2名、指導者として市岳連から3名と市岳連クライミングスクール受講生が2名、サポートで参加しました。
 今回初めて参加の生徒もいたため、ハーネスの正しい装着方法など、基本の復習から始め、トップロープでのクライミング練習を行いました。顧問の先生にも、正しいビレイの方法を学んでもらい、実際に確保をしてもらいました。

   


2015.5.15
静岡東高校登山部にクライミング指導


 5月11日(月)、静岡市北部体育館の人工壁「ノースウォール」において、市岳連クライミングスクール指導者達が標記の指導を行いました。これは、県の競技力向上事業の一環として依頼を受けたもので、これから来年2月まで、継続的に指導が続いていきます。
 当日は、生徒3名と顧問の先生2名、市岳連からはスクールの指導者3名とサポーター数名が協力で参加しました。この日は1回目なので、ハーネスの装着方法や各種の結び方から始めて、トップロープでのクライミング指導を行いました。
 高校生達は皆熱心で覚えも早く、毎日でもやりたいという様子でした。



2015.5.15
クライミングスクール第2回実技講習会実施


 5月10日(日)、新所原の「立岩」において、標記の講習会が実施されました。参加者は講習生10名全員と指導者3名、サポーター10名の計23名です。今回のテーマは「岩登り入門」で、実際の岩場の特徴と危険性、注意点等を正しく認識して登ることを学びました。
 各種道具類の正しい装着方法を再確認したうえで、トップロープクライミングとビレイ、リードクライミングのビレイ、懸垂下降の注意点等を実際に登ったり下ったりしながら、何回も練習しました。
 午後は、昨年度の卒業生がリードクライマーとなって新講習生をセカンドであげ、懸垂下降でスタート場所まで戻る訓練を行いました。
 今年の講習生もみなさん熱心ですが、昨年度卒業のサポーター達も大きく成長した姿を見せてくれました。



2015.4.27
クライミングスクール第1回実技講習会実施


 4月19日(日)、静岡市葵区の北部体育館において、本年度のクライミングスクール第1回実技講習会が実施されました。参加者は、講習生9名、指導者5名、サポーター9名の、計23名です。
 今回のテーマは、「ロープワークと人工壁」です。いろいろな装備の名称、使用目的、使用方法などをまず確認しました。そのあと、トップロープでの登攀と懸垂下降の練習を行いました。確保の練習では、指導者が実際に墜落して、そのショックを講習生に実体験してもらいました。
 みなさん、一日中、熱の入った練習をしてくださいました。



2015.4.20
27年度クライミングスクール開講式実施


 4月14日19時から、静岡市駿河区の「来てこ」において、今年度の静岡市山岳連盟アルパインクライミングスクール開講式が行われました。今年の受講生は10名で、加えてサポーター6名、市岳連から松永会長、辻事務局長、東常任理事、それに本スクールを担当する藤ヶ谷常任理事と、計23名が出席致しました。
 式では、新講習生の自己紹介と抱負、それに対して指導者側からの歓迎の言葉が交わされたあと、指導の態勢や方法、スケジュールが説明されました。
 今後は、19日に、第1回実技講習会が、開かれます。受講生の皆さん、スクールの展開にとても期待しているようでした。



2015.2.18
27年度クライミングスクール日程表


 標記スクールについては、既に受講生募集のお知らせをしておりますが、このたび、年間スケジュールができましたので別紙として発表致します。今年も盛りだくさんの教室が予定されております。本日段階で、募集枠にはまだ余裕があります。ぜひ、お早めにお申し込みください。


2015.1.22
27年度クライミングスクール受講生募集


 静岡市山岳連盟主催の恒例行事、アルパインクライミングスクールの来年度受講生募集のお知らせです。このスクールは、アルパインクライミングの未経験者を入門から自立に向けて継続的に指導していくもので、毎年多くの受講生が、アルパインクライマーとして巣立っています。
 アルパインクライミングは少なからず危険を伴うものですから、興味があっても、二の足を踏んでいる方が多いのではないではしょうか。本講座は4月から10月にかけて、座学から始まり、城山、三ツ峠、小川山などで実技講座を体系的に行っていきます。募集人数は10〜15名程度で、この後、3月にかけて応募を受け付けていきますが、関心のある方は、早めにお問い合わせください。
 初めての方は、本記事の前に、昨年度の講座が紹介されていますので、ご参照ください。なお、今年度の具体的要項については、別紙をご覧ください。

ページのトップに戻る
過去の記事
  2014年
  2013年
  2012年